ビジネスを始めたい人注目!サプリメントOEMビジネスの関連知識や情報を紹介!

当サイトはビジネスを始めたい人注目の、サプリメントOEMの関連知識や情報を紹介しています。
これから健康食品事業に参入したいと検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
栄養補助食品の製造を受託するメーカーは数多くありますが、何を基準に選ぶべきかも解説していて業者選びに役立つサイトです。

ビジネスを始めたい人注目!サプリメントOEMビジネスの関連知識や情報を紹介!

栄養補助食品の販売ビジネスを始めたいけれど、自社で製造するのは難しいと考える人もいるのではないでしょうか。
そういった場合に役立つのが、サプリメントのOEMです。
一般的にサプリメントを販売するためには許可を得ることは不要ですが、製造をするとなると様々な認可を受けなくてはなりません。
しかしOEMを利用してサプリメントを作れば、自社の工場が無くてもオリジナルブランドの製品を販売出来るようになるのが魅力です。

パソコンやスマホ一台で始められる!サプリメントOEMは今後急成長するビジネス!

昨今は働き方改革法が施行をされ、副業を開始できる基盤が誰にでも用意をされています。
本業の合間に実施ができる副業として魅力的なのがデジタル技術を活用したネット通販です。
パソコンやスマートフォンが一台あれば始めることができ、さまざまなアイテムを販売できます。
着手するのであれば、今現在高い需要が見込まれているものを販売するのが望ましいでしょう。
それがサプリメントであり、OEMという方式を採用することで気軽にスマホやパソコンを使って販路を広げることも可能です。
簡単にサプリメントのOEMの解説を行うと、委託業務というスタイルになります。
基本はスマホなどで受注を受け、あとは製造を担っている会社にオーダーを出せば、サプリメントの製造から納品まで委託をすることが可能です。
自身で製品を管理・開発をする必要もなく、自宅で空いた時間で業務が出来る点が魅力となっています。

サプリメントOEMビジネスとはサプリのメーカー外注でネット販売すること

サプリメントOEMビジネスとは、サプリメントの製造をメーカーに委託した上で、ネット販売を行うことを指します。
OEMとはOriginal Equipment Manufacturingの略語ですが、自社工場で製造するものの自社ブランドとして販売するのではなくそれは他社が行うことを指し、販売する側から見れば製造のみ委託していることになるわけです。
販売網の構築は今の時代はインターネットがありますのでさほど困難なことではありませんが、さすがに製造となると設備や機器、化学的な知見やノウハウも必要になってきますのでおいそれと参入できるものではありません。
そこで製造のみ他社に委託し、自分たちでは販売に特化するビジネスが考えられるわけです。
健康志向の高まりを受けてサプリメント市場は拡大していますので、数ある競合の中でも特徴を打ち出すことができれば十分にチャンスはありますし、そもそもサプリメントは種類や数が決まっているわけではありません。

サプリメントOEMを始める前に薬事法や保健機能食品制度を理解しておこう!

現在のサプリメントブームというものには、目を見張るべきものがあります。
テレビを見ても、かなり頻繁にサプリメントのコマーシャルが流れてきます。
このような状況にあるというのも、多くの人はサプリメントを摂取しているからです。
このような市場の広がりから、この業界への新規参入会社というものも数多く出てきています。
ただ、そのような際に考えなければならないことに薬事法などの法令があります。
サプリメント自体は基本的には食品ですので、その事に関する事項のみ制限がかかるということがかかるわけですが、機能性を歌う場合には薬事法のことについても知識を持っておく事が必要です。
またさらに、製造の際の設備投資なども必要となってきます。
新規参入を行う際にはリスクが高いので、なるべくこのようなことを軽減したいと思うのは普通のことです。
そのような際に活用されるのがOEM生産です。
既に関連する知識や設備を持っている会社に、製造を依頼するということになるわけです。
このことにより、自社では新商品の企画に注力することが可能となります。

サプリメントOEM受託メーカーは希望するサプリを小ロットで請け負ってくれる!

サプリメントのOEM受託メーカーはこちらが希望するサプリメントの製造を少ロットから請け負ってくれます。
一般的にサプリメントの製造は大規模な工場で設備や機器も整っているところで行われますが、この場合に問題となるのが生産量です。
工場では同じものを大量に生産することが効率的であり、種類の異なるものを少しずつ作るすることは効率が悪いですので敬遠される傾向にあります。
となると新規で参入するようなビジネスを考えている場合は難しいところで、製造の効率が悪いのである一定以上の数量での発注でないと請け負えませんと言われてしまうことがあるわけです。
しかしこれも需要と供給のバランスで決まる側面があり、例えば作るすべきサプリの全体量が少なく設備が遊んでしまっていることが多い工場であればどうでしょう。
少しでも注文を受けて設備を稼働させる方が経済的であるに決まっています。
この他、そもそも小ロットの製造に強みを持つメーカーなども快く対応してくれるケースがあります。

筆者:矢後善治

筆者プロフィール

熊本県天草市生まれ。
OEM受託メーカーで働いていた経験を元に記事を書いています。
サプリメントOEMについて