サプリメントOEM受託メーカーは何を基準に選ぶべきか?

サプリメントOEM受託メーカーは何を基準に選ぶべきか?

現在、サプリメントのOEMを受託しているメーカーが数多くありますが、その中から依頼先を決める際はまず実績が豊富かどうかチェックしましょう。
実績が豊富なほど、製造したいサプリメントに対して的確なアドバイスがもらえる可能性が高くなります。
また、扱っている成分が豊富かどうかも選定基準のひとつです。
サプリメントに配合できる成分が少ないと、メーカーから受けられる提案の幅が狭くなってしまうので、理想の製品が実現できない恐れがあります。
小ロットでの発注が可能かどうかも確認しましょう。
ロット数が多いほど製造コストを抑えることができますが、小ロットで発注することで在庫リスクを軽減することができます。
当初からある程度の売り上げが見込める場合は大ロットでの発注を検討すべきですが、そのようなケースは稀なので基本的には小ロットで発注してリスクを下げておいた方が無難です。
さらに、製造工場がGMP・ISOを取得しているかもチェックポイントです。
GMPは原材料の受注から出荷までの全工程において、適切に管理されており高い安全性を有していることを証明するものとなっています。
ISOは国際規格で、こちらも製品の安全性の証明となります。
サプリメントの製造工場の場合、GMPとISOの取得義務はありませんが、取得工場で製造することで製品の安全性をアピールできます。

サプリメントOEMの委託先選びでチェックすべきGMPとは?

サプリメントOEMの委託先を選ぶ際は、実績の豊富さや小ロット対応の有無、扱っている成分の種類など様々なポイントをチェックする必要がありますが、製造工場がGMPを取得しているかもチェックポイントのひとつです。
これは、Good Manufacturing Practiceの略で、日本語では適正製造規範と訳されます。
原材料の受け入れから製造、出荷に至るまでの全ての工程で、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるように定められた製造工程管理基準のことを指します。
日本においては、医薬品についてはこの規範に沿って製造することが義務付けられていますが、サプリメントは食品に分類されるので取得の義務はありません。
しかし、GMP認証工場で製造されたサプリメントは、正しい原材料が適正に含まれていることや、衛生的に製造されていること、賞味期限内の品質が保証されていることなど、安全面に問題がないことを証明することができます。
そのため、サプリメントOEMの依頼先選びで迷った際は、この規範を取得した工場を有しているかどうかを基準のひとつにすると良いでしょう。

筆者:矢後善治

筆者プロフィール

熊本県天草市生まれ。
OEM受託メーカーで働いていた経験を元に記事を書いています。