サプリメントOEM受託メーカーの信頼度はどこで見極めるか?

サプリメントOEM受託メーカーの信頼度はどこで見極めるか?

他社ブランドの製品を委託されて製造することを、OEMといいます。
もともとは下請け製造の1つとして誕生したものでしたが、グローバル化の進んだ現代においては、生産コストの安い海外企業に委託するというケースも多くなりました。
自動車業界やアパレル、化粧品業界などで盛んに行われているOEMは、サプリメントの業界においても例外ではありません。
ただ健康維持のために体内に取り入れるサプリメントは、信頼度の高いメーカーに依頼すべきでしょう。
見極めるポイントとしては、十分な実績があり、幅広い種類の原料を取り扱っているかということが挙げられます。
原料によっては入手しにくいものもあるので、どのような仕入れルートを確保しているのかが非常に重要です。
また製造工場が、ISOやGMPを取得しているかも確認しておきましょう。
どちらの取得も必須ではありませんが、取得している工場で生産されたサプリメントであれば、安全性の高い品質が保たれていることが期待できます。

サプリメントのOEMは生産実績などで選ぶ

サプリメントのOEMを依頼する工場を探す場合、見ておきたいポイントが生産実績です。
これまでに多くの商品を作っており、問題なく長年続けて来たところなら安心出来ます。
新しいところが駄目だという訳ではないのですが、どうしても経験というものは重要です。
つまり他の工場が経験してきたトラブルなどを、これから体験して解決していくというプロセスを経るかもしれない、という考え方になります。
もちろんそういったものを経験していって実績を積み上げるのですが、OEMとしてサプリメントの製造を依頼する側からしてみれば、全て解決して二度と起こらない環境の向上にお願いしたいと考えるのは当然でしょう。
長く続いているところほど、そういった体制はしっかりしているため、安心して任せる事が出来るのです。
他の点について言えば、営業があまり中を見せたがらないようなところではなく、どうぞ見てくださいと自信を持って言って来るところが良いでしょう。

筆者:矢後善治

筆者プロフィール

熊本県天草市生まれ。
OEM受託メーカーで働いていた経験を元に記事を書いています。